アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「健康」のブログ記事

みんなの「健康」ブログ


「ボケずに元気に80歳!」新見 正則 氏 著

2017/09/28 20:59
先日出会った本をご紹介します。

「ボケずに元気に80歳! -名医が明かすその秘訣-」
新見 正則 氏 著、2017(平成29)年6月発行。
画像

画像

健康でいるためにはどうしたらいいか、と
長々と説明するタイプの本ではありません。

老いていくことを自然に受け入れるにはどうしたらいいか、
わかりやすく、身近なことばで説明されています。

タイトルからは、70代以上の方向け、
と解釈しそうですが、20代から読まれると、
その後の人生設計に大いに役立つでしょう。

自分は過去に「医者や薬に頼らない」的なタイトルの
本を複数読みました。

医者や製薬会社は、人々の健康のために、
という前向きな理由で存在するのだろうと、
最後まで信じたかったのですが、
やはり…という印象でした。

そしてそれを決定づけたのが、同書の中の文です。

「製薬会社はボランティアではありません。
NPOでもありません。
利益を追求する株式会社です。
株価を上げ、株主配当を増やして、
資金を調達しなければ、新しい薬を開発できません。
企業としては、できる限り薬が売れるように
販売促進計画を立てるのは当然です」

人の命より先に、会社の利益を守らないといけない。
薬を飲むように仕向ける=病気である、という意識づけです。
病気といえない部分も「放置したらたいへんなことになる」
と促します。
これは恐ろしいことです。

自分の身内は大量の薬投与で吐き気→投薬→吐き気の繰り返しで、
強引に寿命を短縮させられました。
医者がいうことだからと盲信してしまった自分は、
単に知識や経験不足でした。
無理やりでも薬を止めさせればよかったという後悔を
ずっと引きずっています。
できればこういう過ちは、みなさんに繰り返していただきたくない。

そしてその一方で、ある程度は「天命」と冷静に受け止める
勇気を多くの方に持っていただきたい。

著者は、それをわかりやすく車に例えています。

人はだんだん壊れていき、やがて死にます。
車も新車のまま走り続けていくことは無理です。
経年変化で見た目もそれ相応になります。

新車当初から手入れ点検もせず乱暴に乗り回したり
外に放置したり大切に扱わないと早く壊れたり、
とんでもない部分に不調が生じます。

…というかんじで、車をお持ちの方なら、なんとなく実感いただけると存じます。

著者の愛車はスバル レガシィ アウトバックだそうです。

車をよくご存知の方なら、著者は車好きでいい選択だな、
とすぐにおわかりいただけるでしょう。


ところでこの文庫本は、書店で注文しました。
いまどきネットで注文すれば翌日に着くところ、
「入荷しました」と連絡をいただくまで、
1週間かかりました。

とくに特典やポイントがつくわけではありませんが、
書店で買った本には、ブックカバーをつけていただきます。
そのさりげなくあざやかな手つきも感激しました。



ボケずに元気に80歳! 名医が明かすその秘訣 (新潮文庫) [ 新見 正則 ]
楽天ブックス
名医が明かすその秘訣 新潮文庫 新見 正則 新潮社ボケズニゲンキニハチジュッサイ ニイミ マサノリ

楽天市場 by ボケずに元気に80歳! 名医が明かすその秘訣 (新潮文庫) [ 新見 正則 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ボケずに元気に80歳! 名医が明かすその秘訣 新潮文庫 / 新見正則 【文庫】
ローチケHMV 1号店
基本情報ジャンル物理・科学・医学フォーマット文庫出版社新潮社発売日2017年05月ISBN97841

楽天市場 by ボケずに元気に80歳! 名医が明かすその秘訣 新潮文庫 / 新見正則 【文庫】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

死ぬならボケずにガンがいい
新潮社
新見 正則

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 死ぬならボケずにガンがいい の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


見ざる聞かざる

2017/09/22 11:54
自分はよく本を読みます。
裸眼で本や新聞が読めるのは、同年代の方々と比べて
少なくなってきたので、それだけはかなりありがたいです。

その代わり遠方はよく見えません。
テレビを見るときや運転する際はめがねが必要です。

運転する際は目に入る、あらゆるものに注意を向ける必要が
ありますが、テレビに関しては、見なくてはいけない、
ということがほとんどなくなりました。

昔は夢中になって見た番組もありましたが、
今は全くそういうことがなくなりました。

とにかくCFが長く、それも終わったらCF入るまでのビデオを
もう一度見せられる。その繰り返しでだんだん気持ち悪くなってくる。
これは同じ時間でも本を読んでいたほうが有効に時間を使えて
有効な知識が入ってきたのでは…とザンネンな気持ちになります。

親戚の叔父は耳が遠くて補聴器を着けています。
不便かと思っていたら
「聞こえなくてもそれでいいものもある」
全部聞こう/見よう、としなくてよい、ということです。

目の前の事象の中には、深入りせずテキトーに流してよいことも
たくさんあります。
効率よく取捨選択して時間を有効に過ごしたいものです。
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「食中毒の恐怖 -実際に役立つ知識と予防-」

2017/09/17 11:59
食中毒、というと予防しないといけないのはわかるが
どうしたらいいかわからない。
ネットを見ても、正直、なにを信じていいか不安。

そんなときに手元に置くと便利なのがこの本です。

「食中毒の恐怖 -実際に役立つ知識と予防-」
岡山大学 名誉教授 金政 泰弘 氏 他 著、1998年発行。
画像

教授が書かれた本は価格も高く難解、という印象でしたが、
こちらは比較的わかりやすいです。

冒頭には、腸管出血性大腸菌 O157。
人から人への二次感染に注意、とにかく手を洗いなさいとあります。
画像

「腸管感染症に罹患(りかん)している患者や保菌者は
病原菌を大量に糞便中に排出しているのです。

 排便後、トイレットペーパーを使用する際、
10枚以上紙を重ねて拭かないと、
毛細管現象で手指に糞便中の水分
(菌を多量に含む)が付着
します。

わずかに0.1mgの糞便がついたとしても10⁷(10の7乗)個以上、
0.01mgでも10⁶(10の6乗)個以上の病原菌が手指に付着。

通り一遍の水洗いだけでは容易に洗い流せず
この汚れた手指で他人と接したり(握手など)食品を調理すると、
あたかも人から人へ伝搬していくように周囲の人々に広がります。
調理/食事時には必ず手を洗うようにし、
とくに排便後の手洗い消毒は大切ですので十分すぎるほどおこないたいものです」

当時の県別発生状況です。
画像

さらに、乳幼児に蜂蜜を与えてはいけない理由など。

「乳児突然死の原因になることがあるので乳児に蜂蜜:ハチミツは厳禁」
「なぜ乳児でこのようなことが起きるかというと、
乳児の腸の中には乳児固有の細菌の集団があり、
この集団中でボツリヌス菌は増殖可能であると考えられているからです」
画像

さらに同書の巻頭には、昭和10年代に、置き薬屋が配布していったチラシが
掲示してありいます。
根拠に不確かな部分もありますが、こうして生活の知恵は
受け継がれていったのだとよくわかります。
画像

どこが原因なのか、と調べるより、とにかく

外出から帰宅後はすぐに手を洗う、
トイレから出たら手を洗う、
せっけんを使うクセをつける、
乳児にハチミツを与えない、


など常識として覚えておいて、
予防に注力したほうがよさそうです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


PTSD

2017/09/03 15:10
多くの方が一度は聞いたことがある
PTSD(Post Traumatic Stress Disorder:心的外傷後ストレス障害)
ですが、実際は「わからない」「関係ない」
と思われる方も多いでしょう。自分もそうでした。

過去に、ある麺屋を手伝わされたことがあります。
せめて経営者が、麺に愛情を注ぐ姿が目に入ればよかったのですが
それがありませんでした。
画像

給料もなく、通勤は車で片道1時間以上、
たったひとりでめったに来ない客を待つ時間、
経営者に貸した大金が返ってくるのかという不安…

ある日、自分のやる気のない素振りが気に入らなかったのか、
経営者は自分を店の2階へ連れて行って、
床に倒して馬乗りになり、
息ができないくらい床へ押しつけられました。
憎悪に満ちた目をしていました。
大声で叫ぶ勇気もありませんでした。

今もその息苦しいかんじは覚えています。
たぶん一生忘れないでしょう。

電話の電源を切り、「やーめた!」と言ってしまえば
かんたんに終わらせることもできたのですが、
気の弱い自分は店やお客様のことを考えてできませんでした。

そしてそれらが経営者の不祥事で区切りがついたとき、
今まで経験したことのない症状が始まったのです。

日常生活で、なにげない動作の真っ最中に、
麺屋で見た光景が急に目の前に浮かぶのです。

材料を買いに車で走ったときなどに
交差点や道で見えたものが、いきなりです。

どこにでもある住宅街の細い道や、曲がり角、
意識して覚えたつもりのない光景が、
前触れもなく、突然目の前に浮かぶのです。

そしてさらに次のような状態が続きました。
・不機嫌になる(楽しくない)
・読書しても頭に入ってこない(集中できない)
・眠れない(または目が覚めてしまう)
・人を信用できない
・自分はダメな人間と思ってしまう

感情に流されている、とはこういうことです。

しかし自分を救うのは、病院や薬、医者ではなく、
自分だけ
です。

今までのことを猛省し、とにかく前に進む努力をしました。
本能から「正しい」と思えることや、
今までやらなかったこと、できなかったこと、
ひとつひとつに取り組んで、
わずかな達成感を積み上げていきました。

そうしていくうちに、光景が急に浮かんでくる現象は
減っていきました。

世間にはおそらく、自分よりもっとひどい事件の被害者で、
心が深く傷ついた方々がたくさんいらっしゃいます。

加害者の人権やプライバシーなんてとんでもないことです。
評判が悪くなって事業に差し支えるから過去のことは言うな、
とか、どんだけ鉄面皮かとおわかりいただけるでしょう。

自分を否定したり、ムリに従わせるような人たちからは、
速やかに離れて自由になっていただきたいです。

人にやさしく、人のためになることを考えるのも
大事ですが、まず自分が強くなることです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


もうダマされない! 歯医者の裏側

2017/08/29 10:01
たまたま入手したのが2013年の週刊ダイヤモンド、
「もうダマされない! 歯医者の裏側」
画像

危ない医者を見分ける7か条、歯科に限らず
参考になりそうです。
画像

画像

身内が病院でされたことを思い出すと、
病院や医者の世話にならない、という選択肢も
アリではないかな、と個人的には考えています。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


賠償責任を負わないために

2017/08/22 19:17
2012年の月刊誌「がんサポート」の相談コーナーです。
基本的に目をそむけたい、でも具体的な内容なので
できれば多くの方々に知っていただきたいです。
画像

自宅にいてパソコンからニュースやツイッターを見ていると、
電車遅延の情報をたまに拝見します。
多くの人びとが路頭に迷っているのを目の当たりにしますが
傍観者はどうすることもできません。

しかし、本人をそこまで追いつめるきっかけを減らすことは可能です。

今さらですが、心の病気を発生させる原因にいじめがあります。
年齢に関係ありません。

もし勤め先や所属している団体に、いつも人を責めたり
悪口を言っている人がいたら、
見て見ないふりをせず、解決策を講じてください。
ことが起きてからでは遅いのです。

自分が会社員の頃、上司がその上の上司に、
ほぼ毎日、それも半日くらい立たされて
説教されるのを見ていました。
当時無力な自分はどうすることもできず、
その方は精神を病んで、入院しました。
自分が会社を辞めるとき、入院中でご挨拶も
できませんでした。

怖いのは、会社の指示で動くはずの上司のやることだからと、
そのいじめ行為が肯定されてしまうことです。
他の人も上司にならって、その人をとがめる体制になります。

冷静に考えれば人の道を外れているとわかるのですが
団体にいるとこんな簡単な判断もできなくなります。

人を追いつめるほど心身の余裕があるなら、
趣味に没頭するほうが尊いということを
多くの人びとに知っていただきたいです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


地獄の沙汰も…

2017/07/17 06:53
先日の記事です。
歯科医院が別の歯科医院を「ネットで中傷」、
その結果、経営が悪化して提訴。
画像

庶民の自分が驚いたのは、
「2ちゃんねる」や「Yahoo! 知恵袋」へ投稿するだけなら
誰でもできますが、それを自分ではなくて広告会社に依頼した=
仕事として命じた(受けた)ということです。

個人的には、いずれもあまりアテにはならない情報源と解釈していましたが、
本人ではなく、それも他人が請け負って書き込む。
ますます情報というのは鵜吞みせず、
正しく選択する判断力が問われる時代だと確信しました。

そして結局、中傷だけではなく、裁判もお金がかかります。
できる方々は限られます。
裁判沙汰があった、というと患者の方々も今後は
「あの病院が…」と慎重になるでしょう。
地獄の沙汰も金次第、とはよくいったものです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


夏こそ…

2017/07/08 20:48
夏というと冷やし中華です。
自分はさらに酢をかけていただきます。

しかし夏でもできればアツアツの料理をいただきたい。
食べている間は滝のように汗が出ますが、
氷が浮いた麦茶さえあれば、汗はスッキリとひきます。
エアコンで冷えて疲れた身体は温かい食べ物でいたわってください。
画像

描いたのは知る人ぞ知る「小池さん」です。
脇役なのですが、とにかくいつ見てもラーメンを食べています。
容姿といい強烈な個性です。
今こそ小池さんのスピンオフを拝見したいです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


正しい病院を選ぶには

2017/07/03 10:30
数日前の、読売新聞の記事です。
画像

問題のある医師に指導/改善勧告したところで、
その医師はその後どうなったの、というのが、
氏名や内容も非公表なので、
患者の立場からはまったくわかりません。

うちうちの判断のうえになあなあで済ましているような
印象さえあります。

病院や医師は、イチカバチカで選ぶものでしょうか。
せめてこの病院は、医師はダメ、と情報を共有できる
仕組みがあればいいのですが、病院を検索できるサイトでの
病院に行かれた方々からのコメントは、
「良い内容」しか受け付けないとあります。

病院のお世話にならない生活習慣から抜け出すのは
なかなか苦しいのですが、それでも、
病院に行かない、という選択が一番良いのだと
多くの方々に理解いただきたいです。

大きな大学病院の医師、という肩書きなら大丈夫だ、
と、3週間で退院できることを信じて
身内は亡くなっていきました。
人一倍正義感が強い人でした。

病院や医師を訴えることも可能でしょう。
しかし自分や家族には、時間的/金銭的余裕も
ありません。
しかし、憎しみという感情を永年引っ張ったり
またそれを人にぶつけたり、
前へ進めなくなるのは、故人がもっとも嫌うことで
あるような気もいたします。

ちなみに主治医の方からは、2ヶ月過ぎた今も、なんの連絡もありません。
出てきて謝れ、ということではありません。
せめて、
「お気の毒でした」
とか
「たいへんでした」
のひとことがあれば、また遺族の感情も変わっていたでしょう。

これ以上、身内のような亡くなりかたをする人が
出ないように、少なくなるように祈っています。

病院に入院したり通う際には、
経験ではなく、薬や過去のデータだけを頼りにして
患者を診るような医師に遭わないように、
心から願っております。
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


身近なパラダイスとは。

2017/07/01 10:58
先日、ジモトながらも初めておうかがいしたのが、
わさびや茶園
です。
画像

画像

お茶だけ買って帰るつもりが、おいしいお茶とお茶菓子まで
いただいて、恐縮しました。
お茶も、緑茶の味とはこういうものか!とボーゼンとするような
渋み、香り、後味。
いつも手抜きで淹れているお茶とはまるで別モノでした。

わさびや茶園へは、
ほんとうにこの先でいいの?
という細い道をくねくねとのぼっていきます。
軽自動車や小型乗用車の方は、ご自分の選択肢は
間違ってなかった、と安心するでしょう。
二輪車の方々も楽勝ですが、周辺はふつうに住宅なので、
エンジン音量さえ注意すれば大丈夫です。

近くには川が流れていて、空気はひんやりしている気がしました。
晴れていたら、遠方の海まで見えて、きっともっと絶景でしょう。
画像

画像

おいしいお茶を味わいたい、でもどれがいいかわからない、
という方は、まず茶園に近いところから
試されることをお勧めします。
デパートや小売店と異なり、とにかく「新しい」=美味
というだけでなく、景色その他の要素プラスで、
ブランドに流さないよい出会いがあるかもしれません。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タイトル 日 時
死をむだにしないために
死をむだにしないために 身内が亡くなった後もしばらく、 「納得いかない」 という思いをひきずっている方はいらっしゃいませんか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/26 11:10
入院証明書(診断書)の価値
入院証明書(診断書)の価値 ご存知の方も多いと存じますが、保険会社から入院給付金を いただくとき、提出が必要とされる書類の中に、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/27 15:17
お守りとお参りの意味
お守りとお参りの意味 2月25日は、 大雄山最乗寺 へ行ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/05 11:18
好奇心
好奇心 先日は付き添いで、大学病院へ行きました。 駐車場の横からは、ドクターヘリを間近に見えました。 駐車場を出る際には、P-3Cが飛び立つ姿。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/29 20:14
百聞は一見に如かず
百聞は一見に如かず じつは数ヶ月前から、両手の指がかゆく腫れていたのですが、 最近は手の甲や手首まで患部が広がり、かゆみに堪える日々が 続いていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/21 10:02
禁断のにごり酒
禁断のにごり酒 世間には「酒」と名前のつくものが無数にありますが、 口当たりや飲みやすさなど、わかるかたにはわかる、 にごり酒という選択肢があります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/19 20:02
ゴミを落とす人と拾う人
ゴミを落とす人と拾う人 本日は、歩いて買い物に行く途中、歩道にゴミが落ちていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/17 13:54
勝手に緑のバージョンです
勝手に緑のバージョンです 以前から、この形はどこかで見たような?と 感じていたので、 思いきって描いてみました。 自分は暑いときにこのゾゾゾとするような 苦みでしのいでおります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/09 21:44
6月7日(日)第2回 げんきママチャリ8時間耐久レース at 袖ヶ浦フォレストレースウェイ
7日(日)は、千葉県の袖ヶ浦フォレストレースウェイで、前年に続き、 第2回げんきママチャリ8時間耐久レース(公式サイト)が開催されました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/10 22:35
熱中症対策DIY
熱中症対策DIY 先日の炎天下では、冷たい飲料を飲むよりも、 まず体を冷やさないと危険と痛感しました。 貧血にも似たようなめまいや立ちくらみで、 これが熱中症かとあせりました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/28 13:10
ママチャリ8時間耐久レース:新聞に掲載いただきました
ママチャリ8時間耐久レース:新聞に掲載いただきました 6月1日(日)に袖ヶ浦フォレスト・レースウェイで 開催された 第1回 ママチャリ8時間耐久レース で、取材に来てくださった朝日新聞さんと毎日新聞さんで、 それぞれ記事をWEBでも掲載いただきました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/18 12:56
2014げんきママチャリ8時間耐久レースin袖ヶ浦フォレスト・レースウェイ
2014げんきママチャリ8時間耐久レースin袖ヶ浦フォレスト・レースウェイ 6月1日(日)袖ヶ浦フォレスト・レースウェイで開催された、 第1回 げんきママチャリ8時間耐久レースで撮影した ビデオを公開しました。 よろしかったらごらんください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2014/06/07 22:53
応急手当講習を受けてきました。
応急手当講習を受けてきました。 5月10日(土)は、消防本部主催の応急手当講習を 受けてきました。場所は、秦野市保健福祉センター。 時間は9時30分〜12時30分、受講者は30人弱、 年齢は、大学生くらいから中高年まで、男女は半分ずつ くらいでした。 司会は消防本部と書かれた制服を着た3人の方と、 グリーンのベストを着用された5〜6人の 市民サポーターの方々。 市民サポーターが実演指導に加わる講習会は、 今回初めての試みだそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/12 22:17
6月1日(日)袖ヶ浦ママチャリ8時間耐久レース 参加者募集のお知らせ
6月1日(日)袖ヶ浦ママチャリ8時間耐久レース 参加者募集のお知らせ 【6月8日 追記】 6月1日(日)袖ヶ浦ママチャリ8時間耐久レース、 無事終了しました。 参加されたみなさま、暑い中たいへんおつかれさまでした。 当日撮影したビデオを公開しました。 よろしかったらごらんください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2014/05/04 21:39
はじめてのポールウォーキング。
はじめてのポールウォーキング。 親がこの3年以内で、 転倒して足の指を折ったり、 足首付近の骨にひびが入ったり、 腕や手首を脱臼したりして、 包帯や松葉杖のお世話になることがありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/03 21:35
禁煙のススメ
禁煙のススメ 各国で話題になった、 タイ保険振興財団のTVCMです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/03 12:39
自分で病気を治す力
自分で病気を治す力 先日、偶然出会って読んだ本をご紹介させていただきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/11 19:21
しいたけとカステラが出会った。
しいたけとカステラが出会った。 なんと、しいたけが入ったカステラを いただきました。 特別栽培の濃熟茸(のうじゅくたけ)を 練り込んであるそうです。 ふつうのカステラより、しっとりした生地に、 ほんのり椎茸の香り。 お茶やコーヒーと相性もピッタリ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/26 11:23
塩熱飴(えんねつあめ)Sportsのお取扱い店情報です。
塩熱飴(えんねつあめ)Sportsのお取扱い店情報です。 7月15日のブログでご紹介した、ミドリ安全さんの ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/30 09:35
アクティブ サプライを飲んでみた。
アクティブ サプライを飲んでみた。 先日初めて、五洲薬品さんの アクティブ サプライという ドリンクを飲んでみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/18 21:35
椎茸の効能を再認識する。
椎茸の効能を再認識する。 6月8日の産經新聞の ニュースでは、椎茸の臨床試験結果に関する記事が 掲載されていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/06/13 11:14

トップへ | みんなの「健康」ブログ

ロゴ、イラスト製作します(萌え系のぞく)
筆文字データ作成します
Twitter ツイッター


「ル・マン24時間ー闘いの真実ー」
学生初のル・マン24時間
参戦の記録。
製作のお手伝いをさせていただきました。

電子書籍もあります。

レースとクルマの
電子雑誌書店 ASB

電子ブック 楽天kobo


「ル・マン24時間
ー闘いの真実ー」
Eile mit Weile. あわてない。 健康のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる