アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
Eile mit Weile. あわてない。
ブログ紹介
ごらんいただきまして、ありがとうございます。日々いろいろな真実や話題を、撮った画像とともにテレテレとお伝えしていきます。

We love motorsports. のウェブサイト


2013年6月14日 発売

「ル・マン24時間 ー闘いの真実ー」

学生初のル・マン24時間 参戦の記録。

製作のお手伝いをさせていただきました。
電子書籍もあります。
レースとクルマの電子雑誌書店 ASB
電子ブック 楽天kobo












よろしかったらクリックをおねがいいたします。

にほんブログ村 その他生活ブログへにほんブログ村にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへにほんブログ村にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書日記へにほんブログ村にほんブログ村 美術ブログへにほんブログ村にほんブログ村 美術ブログ 創作活動・創作日記へにほんブログ村blogram投票ボタン
zoom RSS

たかがゴミ、されどゴミ

2017/09/19 11:37
各地域では、ゴミの内容ごとに、出す日が決まっています。

ところが、
「これは◯◯ゴミではありません」
と書かれて置いていかれてしまったゴミを
たまに見ます。
さらに最近では住民が多様化しているために
1個や2個ではすまない状態になっている地域があり、
ゴミの分別方法を他言語で掲示または配布する必要が
出てきたそうです。

ただゴミを収集所にキチンと出す点では、
歩行中に平然と廃棄したり、コンビニのゴミ箱に大量に持ち込むよりは
まだマシと考えます。

薄気味悪いのは、出したハズのゴミが消えてなくなることです。
よく見ていると小型の車両が早朝から低速で巡回しており、
「資源」の部類(不燃ゴミ、金属、瓶など)が
アッ!という間に持ち去られていきます。

捨てた=もう自分の手から離れたはずですが、
黙って持ち去られるとビミョーにくやしくなるのは
自分だけでしょうか。

衛生面でも心配ですが、「恥」も外聞もなく
ゴミを持ち去る行為は、
なかなか一般人にできることではありません。

そんな複雑な思いの中、たまにフッと心が軽くなることがあります。
ゴミに最初から貼り紙があるパターンです。
画像

ご本人がとくに意識したわけでもない、なにげない習慣です。
こういう日本人らしい配慮、忘れずに繋げていきたいものです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

ロゴ、イラスト製作します(萌え系のぞく)
筆文字データ作成します
Twitter ツイッター


「ル・マン24時間ー闘いの真実ー」
学生初のル・マン24時間
参戦の記録。
製作のお手伝いをさせていただきました。

電子書籍もあります。

レースとクルマの
電子雑誌書店 ASB

電子ブック 楽天kobo


「ル・マン24時間
ー闘いの真実ー」
Eile mit Weile. あわてない。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる