テーマ:バイク

経験は教師なり

自分が健康と見回りを兼ねて歩き回ると、 犬の散歩中の方々と顔見知りになります。 中でもよくお会いする、小柄な年配の女性。 先日は見覚えのあるブランドのTシャツをお召しでした。 おそらくご家族のものかなーと想像しつつ、 思いきってご質問してみました。 「そのTシャツ、どうされたんですか。」 「これね。古いんだけど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「バイクに乗ってます」ステッカー売ってます

過去にお試し的にステッカーを製作したときの 在庫が出てきました。 放置するのももったいないので、 メルカリに出品しました。 よろしかったら見に来てください。 ↓画像をクリックすると該当ページが別ウィンドウで開きます。 会社などお仕事上のお付き合いですと なかなかご自分の趣味についてお話する機会が …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日々慎重運転

運転中は、「不機嫌」という精神状態が もっとも悪い影響を与えると考えているので、 運転に集中しつつものんびりおおらかにいるよう 努力しています。 しかしそれが思いきり破られるときがあります。 たとえばゆるいカーブ(左右)で、センターラインを 割って走行してくる車です。 「ビックリした」ではすまない状態です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もしもあおられたら…

今年の6月、地元県内の東名高速道路で起きた追突事故に関して、 PAで注意されたことを逆恨みして、追い越し車線上で 無理やり停止させたことが原因とわかり、 事件へと発展した件がありました。 事実が判明しましたが、亡くなった方々は戻ってきません。 解決まで時間がかかったのは、この事故を誘発した人々の供述が 虚実だったうえに謝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

命日に思うこと

身内以外にも「納得いかない死」というのは 無数にあると日々理解していく途上ですが こちらの方も例外ではありません。 早いもので亡くなってから10年、 レーシングライダー阿部典史さん。 過去にツインリンクもてぎで撮影した画像です。 たしかドンヨリ曇っていて、どんな場合も天候がサエないときは イマイチ盛り上がりに欠…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

運転免許証の意味

運転免許証、というのは、教習所の厳しい指導や実習を 乗り越えて得るものです。 教習所で減点されたなどの苦い思い出によって 公道を走る際の秩序を保つことができる気がします。 ところがある日の地方版には目を疑いました。 不正に免許を取得した人々と、万一公道でなにかモメた場合、 かなりめんどうなことになるのは容易に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

首都圏ツーリングプラン

先日外出した際に、サービスエリアで配布していた パンフレットです。 定額料金で乗り降り自由、なんてうらやましい。 二輪車にお乗りの方々には、 これからツーリングの季節に頼もしいプランです。 フルに活用して満喫していただきたいです。 四輪に乗る方々は(自分も含め)高速道路を走行する際は、 二輪車の動きには…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緊急車両が通ります

夏や冬は冷房/暖房で窓を閉め切りの方々も多いでしょう。 さらに車内で大音量で音楽を流すとどうなるか。 なんと、救急車や消防車などの緊急車両のサイレンが 聞こえなくなることがあるのです。 先日は、左折直前に救急車が近づく気配がしたので減速したところ、 正面から右折車両が突っ込んできて冷や汗をかきました。 進路を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

任意保険のすすめ。

最近少し驚いたのは、車やバイクの 「任意保険は入らなくても大丈夫」 という方々がいることです。 「任意」というくらいですから、義務や強制ではありません。 しかし残念ながら、「万一」は必ず起きます。 自賠責保険でまかないきれない事故は、 ご自分の貯金で賄いきれるでしょうか。 運転者本人の「自信」という、本人のみに通用して…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

余裕の大切さ

週末に月末が重なり、さらにお天気がすぐれない、というと 注意したいのは通勤やお仕事、お買い物で運転する場合です。 いつもはスンナリ通れるはずの交差点で、 信号が青なのに一向に進む気配がない。 ◯時までに納品、到着、待ち合わせなのに… と、気持ちはどんどん焦ります。 ここを冷静に乗り切れるか(開き直れるか)で、 スマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2017げんきママチャリ8時間耐久レース

6月11日(日)、千葉県袖ヶ浦市にある 袖ヶ浦フォレストレースウェイ で、 第4回 げんきママチャリ8時間耐久レース が開催されました。 自分は第1回から、撮影班として参加させていただいております。 今回も、同時にビデオを撮りました。 よろしかったらごらんください。 ママチャリも、ル・マン24時間も、練習の積…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

運転中の香り

運転中は窓を開けて心地よい風を取り入れたくなる季節です。 自分はとくに窓を開けて走ります。 冬でも閉め切りですと、暖房で眠くなったり、 外の音(緊急車両や踏切など)が聞こえなくなると、 いざというとき困るので、わずかに開けます。 寒い時期でも見かけるのが、窓から手を出して 煙草を吸われる方々です。 愛車に灰を落…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みんなの道路

きのうは、ひさびさヤビツ峠へ向かう道を車で通行しました。 多い、とは聞いていましたが、 じっさいにふもとの登山口まで走ると、 1台または複数で走る自転車の方々が 絶え間なく通過していきました。 自分なら降りて押さないと走れないような坂道(それも直線箇所あり) を自転車で(それもかなりな速度で)登るとか、たしかにスゴイです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コーナーの先の衝撃

先日、地元の某バイパス(片側2車線)の左車線を走行中のお話です。 ブラインドコーナーの先の光景に思わず小さく叫んでしまいました。 SAPAや道の駅が発達したものの、 ガマンできないものはできないとわかっておりますが、 せめて直線の、見晴らしのよい道路でおこなってほしいものです。 ハザードランプを点灯していれば、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイヤ点検が大切な理由

本日の山形新聞の記事、 空気圧足りてますか? 県内、タイヤパンクが増加 を読んで、乗車前に点検されていない車が とにかく多いことに驚きました。 じつは、今年の7月に亡くなった叔父が、2013年に圏央道走行中に タイヤがバーストしたときのことを、文書にして、 親戚中にメールで送信したことがありました。 エクセルか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤビツ峠を正しく攻略する方法

先日、市内の観光案内所的なところで見つけたのが、 こちら、サイクリスト向けの地図です。 右下にグラム数まで細かく載ってますが、これもなにか 意味があるのでしょう(という知識の程度) 1枚ものですが、名所やコンビニの場所だけでなく、 ヤビツ峠にいたるまでのそれぞれのカーブのR数まで 掲載されています。 こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「おねえさんもバイクに乗ってます」

オリジナルのグッズを製作~販売~送付までしてくれるサイト、 SUZURI で、ステッカー、Tシャツ、マグカップを出品してみました。 もちろん、絵も文字も自分で製作しました。 ステッカーは防水加工してあるそうです。 よろしかったらいちどごらんください。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生誕110年

気づいたら過ぎているかもしれないので忘れないうちに。 11月17日は、この方のお誕生日です。 1906年(明治39年)のお生まれなので生誕110年です。 この写真を撮って、来年1月で10年です。 自分はとくにこの方の信者でも盲信しているわけでもありませんでしたが 自分の進む道を模索して悩んでいる頃で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

車載カメラ考

きのうの夕方、買い物から帰る途中の国道で見た光景です。 右折レーンで待っていたら、直進のバイクがどうもおかしい。 ヘルメットの位置が微妙に(いやかなり)高いのです。 いやそんなわけは…と強引に冷静に頭の中を整理しながら 眺めているうちに近づいてきたライダーを見て思わず絶叫。 首が長いはずはなく、その方はバイクの上に立ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

にんじん作戦

サーキットには魔物がいる、と申します。 たとえば、表彰台は確実、と予想されているレーシングチームで、 人も車も完璧のハズなのに、コース上でなにかのトラブルで、 ゴール直前でピタッと停まってしまう。 まさかの予選で敗退してしまう。 その他にも、どうしても行きたい! 走りたい! という衝動にかられてしまうのも含めて 「魔物…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ステッカーあります

数ヶ月前にステッカーの製作方法を調べた際、 完成状態を調べるために試作的に 注文/製作したステッカーがあります。 ちなみに著作権で問題ないフォントや絵を使用し、 当方がレイアウトしました。 どこからかズズズと引っ張ってきて拡大したものでは ありません(断言) この在庫(40枚)をご希望の方に差しあげます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵で見る「がむしゃら1,500キロ」

だいたい車やバイク好きな方々が一度は読まれたことが あるであろう本が、 「がむしゃら1,500キロ」浮谷 東次郎 氏 著 です。 自分も読もうとまず図書館へ行きました。 そこで出会ったのが、1982年発行の筑摩書房版です。 挿絵とサインを見てビックリ。 大手自動車会社のホームページやカレンダーで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「1968年のバイク世界一周旅行」大迫 嘉昭 氏 著

先日ありがたく機会に恵まれて読ませていただいた本です。 「1968年のバイク世界一周旅行」大迫 嘉昭(おおさこ よしあき) 氏 著 1968年、北米の留学先を辞して、東へ向けて旅立ち、ヨーロッパからインド経由で 7ヶ月かけて日本へ帰国されたときの記録。 当時の世界情勢も生々しく知ることができる、貴重な内容になって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自転車用空気入れ活用法

最近タイヤの空気圧が、見た目少し減っている気はするものの、 近くのGSへ行って調整しようにも、機械(エアーフィクサーというらしい) は日々の使用のせいか疲弊してスースーもれているかんじだし、 別のGSではセルフなのに空気圧を見ていると 「やりましょうか?」 とか 「無料点検サービス中なのでボンネット開けましょうか…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「バ・イ・ク」柳家 小三治 氏 著

遅ればせながら、柳家小三治師匠の 「バ・イ・ク」 読ませていただきました。 この著作に関する知識はまったくなく、 偶然目に入ったものを息抜き程度に購入してみました。 内容は、落語とバイクの組み合わせが まったく想像つかなかった自分には、 驚きの連続でした。 全国、または世界規模でサーキットを自分の足で巡る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大雄山最乗寺とヨコハマゴム

4月11日(金)は、ひさびさ、南足柄市の 大雄山最乗寺 に行ってきました。 平日のせいか、徒歩で向かう人も車も少なく、 途中混雑することもなく、無事に到着しました。 受付でお札を注文して、できあがるまでの間に 御真殿(ごしんでん)まで行ってお参りするのが いつものコースです。 御真殿に向かって左側には、高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

F1 地上の夢

たまたま入った古本屋で出会った本です。 1987年発行 「F1 地上の夢」 たしか先日亡くなった河島 喜好 氏のことが 書かれていた、と思い出して引っ張りだしてみました。  「本田宗一郎に命じられて、  ホンダ初の4サイクルエンジンの設計図を書いたのは、  当時まだ二十代だった河島喜好だった。  どんなにむず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

創作中華「七賢人」ふたたび。

18日(木)は、4月のブログでもご紹介した、 鎌倉の創作中華 「七賢人(しちけんじん)」 にふたたび連れて行っていただきました。 今回いただいたのは、冷やし中華。 冷やし中華というと、じつは、 おなじみの淡白な味と麺で、 個人的には苦手な部類でした。 それが、上に載った鶏肉などの具や、 ごま油とリンゴ酢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月1日(土)レッドブルXファイターズ大阪城 Red Bull X-Fighters Osaka

6月1日(土)は、知人の女性からお声をかけていただき、 アジアで初めて開催されたレッドブル Xファイターズ Red Bull X-Fighters Osaka, Japan 2013 を観に行ってきました。 当日は「くもり」の予想に反して小雨が降りだし、 会場もどんよりとした雰囲気に。 しかし、なんと開始直前に雨はや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第5回 新春おもいっきり7時間耐久レース大会(富士スピードウェイ)

1月15日(日)は、富士スピードウェイで、 第5回 新春おもいっきり7時間耐久レース大会が 開催されます。 ・公式サイト ・公式ブログ ・エントリーリスト (グリッド、クラス、ゼッケン、チーム名) ・タイムスケジュール 今回も現地からツイッター twitterを駆使して レポートさせていただきますので、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more