経験は教師なり

自分が健康と見回りを兼ねて歩き回ると、
犬の散歩中の方々と顔見知りになります。

中でもよくお会いする、小柄な年配の女性。
先日は見覚えのあるブランドのTシャツをお召しでした。
0725.jpg

おそらくご家族のものかなーと想像しつつ、
思いきってご質問してみました。
「そのTシャツ、どうされたんですか。」
「これね。古いんだけど、バイク乗ってたから
えーー!
彼女のご容姿からは想像もつかなくて、絶叫してしまいました。

125ccのオフロード。大きくて地面に足が届かなかったよ」
「お、オフロード…」
北海道も旅行したよ。ホンダ、ヤマハ、スズキも乗ったなあ」
ウゥワー!!

時代的には、パリ=ダカール・ラリーで国内が盛り上がっていた頃。
憧れてバイクに乗り始めた方々も多かったのでしょう。

北アルプスなど、3,000m級の山々にもよく登頂されたそうです。
当時はペットボトルもなかったから、重い水筒で水分を補給しながら
1日かけて登って、1日かけて降りてを繰り返したそうです。

またお会いしたときにまた少しづつ、お話を聞いてみます。


ところで、親御さんも含め、ご近所にも多くの年配の方々が
いらっしゃると存じます。

地元の行事やイベントなどに参加されるとわかりますが、
有り余った時間ともらった年金を使うだけの日々を送っている方々。
ほぼ毎日、テレビや新聞、最近ではインターネットのニュースを
情報源として、顔見知り同士で共有して満足してしまいます。

その一方で、野菜を作ったり、遠方に買い物や旅行に出かけたり、
ボランティアに積極的に参加されたり、
とにかく何かしらプロデュースしている方々と、
大きく分かれることに気づかれると存じます。

人と同じことをしていれば安心だから、と
何かの集まりに誘われて断りきれずに参加しているうちに、
高額なものを買わされたり、
看板持って立たされたり、署名したり、
思想を吹き込まれてデモなどに参加したりなど、
大いに利用されてしまうのはどちらに属する人々か、
おわかりいただけるでしょう。

退職して肩書きを失って、何をしてよいかわからない、
免許も返納したから明日からどうしよう、
と路頭に迷う方々は、周囲もその動向を
注意しておく必要があります。


バイクに乗っていた年配の女性に関しては、
若いうちにわがままに好き勝手なことやって、
と批判する方も多いでしょう。

しかし、困難な登山やオフロードバイクを乗りこなしたという
達成感が、彼女やご主人を強くしたのです。
どこにも属さない、頼らない強い姿勢を保てているのです。
一見孤高ですが尊いことです。

これだけは、という経験を積み上げて強くなる。
経験は人を厚く(熱く)します。
なにかを始めるのに遅すぎることはありません。

安心できる老後とは、お金だけがなんとかしてくれるものでは
ないのです。

防犯ステッカー売ってます

最近はやっと最高気温が夏らしくなってきました。
クーラーで閉め切りのご自宅も増えましたが、
窓を開けて風を通すお宅も大半でしょう。

そこで心配になってくるのが防犯面です。
わたしどもの多くは、
「神様(お天道様)が見ているから」
と、親や兄弟、先祖、さらにその先祖の方々から、
教わって自律してきました。

しかし、中には、
「欲しいものは奪ってでも手に入れる」
「だまされる方が悪い」
を当たり前と教わってきた人々が少なからずいます。

そもそも育った環境や文化も異なるので、
それを責めたり罵ったり、またそれを差別だと
絡んだりしていては完結しません。

ではどうすればよいか。

自分の身は自分で守ればよいのです。

「これは自分のだし盗られたら困る」
「もし盗んだり傷つけたら罰を与えるよ」
と、意思表示すればよい
のです。

自分だけでなく友達や親戚に迷惑をかけるよ、
とわかるように教えてあげればよいのです。

通報したら誰かが来てくれる、では間に合いません。
テレビドラマのように時間内で解決するわけがない。

テレビや新聞しか見ていないと、どうしても針小棒大で
期待し過ぎてしまう傾向があります。
そして思い通りにいかないと裏切られた気になり、
非難をするようになります。
好きは嫌いの裏返しだからです。
そしてそれはテレビの思惑通りです。


過去に自宅の近隣でも実際に盗難被害がありました。

さらにそれが続けて複数箇所で発生すると、
通報したところで、数時間経たないとおまわりさんたちは
来てくれません。
施錠しなかったり防犯意識が足りなかった自分たちや、
盗難した人々ではなく、警察官に非難が集中するのです。
これは後ろ向きで怖い感情です。


自分が愛するもの、苦労して働いて得たものは
死ぬ気で守る=奪われないようにする。
当たり前のことです。


自分や親戚、近所の人の中にも
それほど悪いことをする人がいるわけない、
というのは全く根拠がありません。

「お人好し」というのは時に改めないと、
奪われ続けて終わりです。
わかりやすい言葉で「いいカモ」と呼びます。

自分の場合は、それが例え無意識でも、
どこでねたみや恨みを持たれるかわからないので、
「持たないに限る」と、モノは持たないようにしていますが、
それでも「ここからは入ってこないで」
という領域は守らなければと感じています。

ということで、防犯ステッカーを製作して、
一人でも多くの方に自衛していただこうと、
メルカリで販売することにしました。
0615-camera.jpg

当方でデザインして、業者に依頼してステッカー化しました。
サイズは、縦10cm×横7.5cmです。
自宅では人が来たら点灯するライトと併用しています。

はがしやすい仕様ではありません。
防水ですが日が当たるところでは劣化します。

よろしかったらメルカリでご購入をお願いいたします。
1枚300円
2枚500円
いずれも送料込みで、普通郵便で郵送させていただきます。

もし売り切れの場合、すぐに新たに商品を設置いたしますのでお知らせください。

一人でも多くの方に、窓や玄関に鍵を締めた上で、
自衛に努めてくださいますよう、お願いいたします。

お盆

今月と来月はお盆です。
お寺などで法事のご相談をされる方々も多いでしょう。

祖父母の方々やご親戚が近くにいれば、
どういう風習があってどういう段取りで、というのが
幼少時から当たり前のように習得できて楽なのですが、
それがない自分はとにかく手探りです。

今はインターネットという手段で、
多くの情報や方法(テキトーな内容もありますが)
を気軽に知ることができます。

さらにお寺に行くとご住職でないと知り得ないお話なども
聞けて、へー!と唸ることもあります。
0310.jpg

自分がご住職から聞いたお話をご紹介します。

火葬場で、前の方のメガネが次の方のお骨を拾う段階で見つかり、
「これは誰?」
「本当に本人?」
という騒ぎになったことがあったそうです。

そして、そういうメガネも含め、お骨の他に拾いきれずに残った、
わずかな金属などを求めて産業廃棄物業者が奪い合いの状態だそうです。
人は死んだら産廃になる、ということでしょうか。

小銭を入れた時代もあったようですが、
現在は必要以上の金属は入れない方がいいかもしれません。

自分はそういった現実的なお話を聞くと、
夏の風物詩である妖怪、幽霊よりもむしろ
生きた人間の方が怖い、という結論にいたります。
色即是空。

路面標示の謎が解けた日

先日は近隣で路面標示塗り直し作業が始まるということで、
作業の状況を邪魔しないようにソーっと眺めてみました。

交通整理や掃除、道具の設置、下書き他、
担当の方々の段取りが鮮やかで、
さすがプロフェッショナルと唸りました。
大きな失敗が許されない世界とはこういうことだと
納得しました。

作業後はアッという間に表面が乾燥していきます。
「しばらく車両通行注意」の時間が、自分が考えていたより
短くなっています。
0218-1.jpg
0218-2.jpg
0218-3.jpg
0218-4.jpg

白い塗料が出てくる機械は、作業される方が後退して移動しますが、
自分が幼少時から疑問に思っていたのは、みなさまご存知の、
「この先横断歩道があるよ」の標示であるダイヤマークの角の部分。

「A」の板を置いてその上を機械が後退すると、綺麗な鋭角が現れます。
0218-5.jpg

そして上の画像をご覧いただくとおわかりいただけますが、
使用箇所によって太さが異なります。
だから「止まれ」も「止」から順に、ではなくて、同じ太さの棒を
順に描いていきます。
0218-6.jpg

作業されている方々はすでに当たり前なのでしょうが、
かなり計算されて作業が進められていくのを見るのは圧巻です。
路面標示はキチンと守ろう、という気になるはずです。