運転免許証の意味

運転免許証、というのは、教習所の厳しい指導や実習を
乗り越えて得るものです。

教習所で減点されたなどの苦い思い出によって
公道を走る際の秩序を保つことができる気がします。

ところがある日の地方版には目を疑いました。
画像

不正に免許を取得した人々と、万一公道でなにかモメた場合、
かなりめんどうなことになるのは容易に想像できます。

これはいよいよドライブレコーダかな、と思っていたら、
数日経って関連記事が掲載されました。
画像

ベンツを4台も所有していて生活保護を受けていた方でした。
こういう方々がふつうに県内に生活していると知って、
恥ずかしいやら情けないやら。

やはり県内ですが少し前に
「生活保護なめんな」
という言葉が話題になりました。
今回の件では、言葉は悪いですが、
かなりなめられている感があるなと感じました。

ここでまじめに交通ルール守るのはアホらしい、
と投げやりになっては相手の思うツボです。

公道を走る際には、こういう面倒な方々と会う可能性が高いと
肝に命じて、万一の際に自分が不利にならないよう
焦らない、ムリをしない運転をこころがけたいものです。

この記事へのコメント

2017年09月26日 10:06
はじめまして。
自分はリターンライダーです。
公認の自動車教習所が、ある一人の教習生の態度が極端に悪いため、厄介払いのため虚偽の卒業証を与えたとのこと。さらにその人物は生活保護費まで不正受給していたとのこと。このような人物が路上でバイクを運転していたとは・・・。ご指摘のように、このような類いの人物と公道上でもめ事になったら面倒ですし、たちの悪い輩が居ることを念頭に考えながら、気を付けて走行しなくてはなりませんね。
自分がバイクの免許を取った頃は、規制が最も強い時代でした。ですので免許を大事にし、ずっと安全運転に努めて来ました。
免許制度の規制緩和自体は良いことだと思っています。でも、ご指摘のように、このような、たちの悪い輩の思うつぼにひっかからないように、一般社会も行政側も気を付けて行かなければならないと思います。
ブログの中の人です。
2017年09月26日 10:33
はじめまして。コメントありがとうございます。
おっしゃるとおりです。
走行中はくれぐれもご注意ください。

ひとりでも多くの方が、
万一のことがあっても不利にならないように、
今まで以上に運転に注意しないといけない、
と心がけながら運転いただくことを願うばかりです。

この記事へのトラックバック