新聞を買わなくなった理由

新聞の購読をやめて3年近くになりますが、
特に困ったことはありません。

やめた理由のひとつに、広告が大きいことがあげられます。
0528.jpg

2ページまるまる広告で、それが全く興味がない内容では、
読者は無視されたような気になります。

新聞や広告を目にしないと、人はこれほどまでに
購買意欲がなくなるものか、と自分でもビックリですが、
生きていく上で本当に必要なものというのは
消耗品以外は最低限でよいと考えるようになりました。

スーパーの安売り情報は、ネットで見られるチラシのサイトで
知ることができます。

新聞、というくらいですから翌日には資源ゴミです。
それもありませんから楽なものです。

モノに囲まれていないと不安な方々も多いでしょう。
しかし、災害や非常時の場合でも、
身軽な状態の方が有利に動ける
はずです。
0