ユーザー車検合格しました

先日はユーザー車検に行ってきました。
結果は合格です。
0310-2.jpg


今の車は全くの純正状態で、
半年点検と1年点検は毎回受け、
自分でも日々、目と耳で確認したり
空気圧もマメに調整しているので
当たり前といえばそれまでですが。

3年前には他の車で、
なんと、純正ヘッドランプと、
ディーラーの点検では問題ないとされた
サイド(駐車)ブレーキで不合格となり、
予備車検場と陸運局を往復。
結果は合格でしたが後味悪さが残りました。

そんな思い出や不安を強引に吹き飛ばして、
今回はまっすぐ陸運局へ。

覚えている範囲で、順序を記載しておきます。
詳細は、国土交通省 自動車検査・登録ガイドの
「ユーザー自身が検査手続きを行う方法」
http://www.mlit.go.jp/jidosha/kensatoroku/kensa/kns02.htm
をご参考ください。



1. 最寄りの検査場のホームページで検査の予約。
 予約番号は当日自動車検査票に転記するのでメモしておく。
 検査当日までに下記の書類ア)~エ)を整備。

2. 検査当日、印紙取り扱い窓口で
 乗っている車の種類(例:普通自家用車)を
 申し出て記入用紙をもらい、さらに
 車検証を見せて印紙を購入する。
 印紙は書類に速やかに貼ります。
 (高価なものなのでくれぐれも盗難注意)

4. 予約したラウンドの受付時間に
 受付窓口に並び、下記の書類を見せる。
 3年ぶりなので自信ない、と正直に申し出る。
 ア)~エ)は自分で持参、オ)~キ)は
 検査場で入手する書類です。

 ア)自動車検査証
 イ)自動車税納税証明書
   (省略可で念のため持参)
 ウ)点検整備記録簿
 エ)自賠責保険(共済)証明書
 オ)自動車重量税納付書・印紙
 カ)継続検査申請書(3号様式)
 キ)自動車検査票・手数料納付書・印紙・証紙

検査場では、ア~キ)の書類を漏れなく
ガッチリ留められるバインダーが必須です。
要求されたらすぐに全部見せられる状態に
しておきます。

特にこの検査直前の受付の際に重視された
(と感じた)のが
点検整備記録簿
です。
ディーラーや整備工場任せではなく、
自分でもよく見直したり、
ユーザー用のページに記録しておくべきと
感じました。
あくまで自分の車をよく理解した上での
ユーザー車検です。

もしかしたらこういう方々は
ユーザー車検に向かないかも?
と自分が感じたことを列挙しておきます。

・エンジンルームを開けたことがない
・空気圧がどこに書いてあるか知らない
・安ければなんでもよい
・1年以上点検を受けていない


それと余談ですが、
検査当日、それほど古くない輸入車を
複数台見かけたのは意外でした。
高価な車両を所有する方々は、
ディーラーに車検を依頼するものだと
思い込んでいたからです。

ただし装飾本位のステッカーは
(容赦なく)剥がすように
指示されていました。

また、特に初心者(=プロでない方)
のユーザー車検はラインの見学が
必須項目となっており、その見学レーンに
「暴力が頻発している」
と掲示されていてビックリ。

検査を受ける方々の中には、
係員に暴力や恫喝で合格を迫るらしく、
発生時は通報しますということでした。

暴力ほどではありませんが、
携帯電話使用禁止、と掲示されているところで
スマホで大笑いしながら話している人もいました。

検査員他担当者の方々は、日々、
様々な人々を相手にされて、
想像以上にたいへんです。

自分はせめて検査員の方々が
こんな仕事イヤッ!!(涙)
とならないように
ルールは守ろう!
と心に決めました。