Eile mit Weile. あわてない。

アクセスカウンタ

zoom RSS 賠償責任を負わないために

<<   作成日時 : 2017/08/22 19:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2012年の月刊誌「がんサポート」の相談コーナーです。
基本的に目をそむけたい、でも具体的な内容なので
できれば多くの方々に知っていただきたいです。
画像

自宅にいてパソコンからニュースやツイッターを見ていると、
電車遅延の情報をたまに拝見します。
多くの人びとが路頭に迷っているのを目の当たりにしますが
傍観者はどうすることもできません。

しかし、本人をそこまで追いつめるきっかけを減らすことは可能です。

今さらですが、心の病気を発生させる原因にいじめがあります。
年齢に関係ありません。

もし勤め先や所属している団体に、いつも人を責めたり
悪口を言っている人がいたら、
見て見ないふりをせず、解決策を講じてください。
ことが起きてからでは遅いのです。

自分が会社員の頃、上司がその上の上司に、
ほぼ毎日、それも半日くらい立たされて
説教されるのを見ていました。
当時無力な自分はどうすることもできず、
その方は精神を病んで、入院しました。
自分が会社を辞めるとき、入院中でご挨拶も
できませんでした。

怖いのは、会社の指示で動くはずの上司のやることだからと、
そのいじめ行為が肯定されてしまうことです。
他の人も上司にならって、その人をとがめる体制になります。

冷静に考えれば人の道を外れているとわかるのですが
団体にいるとこんな簡単な判断もできなくなります。

人を追いつめるほど心身の余裕があるなら、
趣味に没頭するほうが尊いということを
多くの人びとに知っていただきたいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ロゴ、イラスト製作します(萌え系のぞく)
筆文字データ作成します
Twitter ツイッター


「ル・マン24時間ー闘いの真実ー」
学生初のル・マン24時間
参戦の記録。
製作のお手伝いをさせていただきました。

電子書籍もあります。

レースとクルマの
電子雑誌書店 ASB

電子ブック 楽天kobo


「ル・マン24時間
ー闘いの真実ー」
賠償責任を負わないために Eile mit Weile. あわてない。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる